Pythonでデータファイルを書き出す方法 | Dr.コード

Pythonでデータファイルを書き出す方法

Pythonでデータファイルを書き出す方法

データファイルの読み込みはできるけど、データファイルとして書き出す方法がわからない人はいませんか?
この記事では、Pythonを使ってデータファイルを書き出す方法を具体的に解説していきます。

動作環境
macOS Catalina(10.15.3), python3.7.6, Atomエディタ1.44.0

書き出すだけならこれだけでいい

ファイルを書き出したいならopen()関数とwriteを使えば簡単にできます。
open()関数は読み込みの際にはr(読み込みモード)で使いますが、書き込みではw(書き込みモード)で使います。
いきなりですが、サンプルコードを以下に載せます。

サンプルコード

OutputFile.py

outfile = open('AvrgTmp_Kyoto2018.dat', 'w')

outfile.write('# averaged temperature in 2018 @ Kyoto city\n')
outfile.write('# 01: month  02: averaged temperature in daytime\n')
outfile.write('1 3.9\n')
outfile.write('2 4.4\n')
outfile.write('3 10.9\n')
outfile.write('4 16.4\n')
outfile.write('5 20.0\n')
outfile.write('6 23.4\n')
outfile.write('7 29.8\n')
outfile.write('8 29.5\n')
outfile.write('9 23.6\n')
outfile.write('10 18.7\n')
outfile.write('11 13.5\n')
outfile.write('12 8.2\n')

outfile.close()

コードの解説

outfile = open('AvrgTmp_Kyoto2018.dat', 'w')
AvrgTmp_Kyoto2018.datは出力するファイル名です。自分の好きな名前にしても問題ありません。
このコードで何をしているかというと、outfileという何も書かれていないキャンバスを作っています。ですので、この後で、キャンバスに何を書くかを指定します。(outfileは勝手に名付けているだけですので、引数の名前は自由に決めてください。)
outfile.write('xxxx')は、「outfilexxxxを書く」という意味のコードです。上のサンプルコードでは、改行を加えたいので\nを書いてます。
outfile.close()
openしたものはcloseしましょう。

実際にプログラムを動かしてみよう

まずは、Desktop/Dr.code/Python/data-analysis/Output_Fileというフォルダを作り、その中にOutputFile.pyという名前の上記サンプルコードが書かれたファイルを保存します。

次に、ターミナルを開いて、cdでcwdをDesktop/Dr.code/Python/data-analysis/Output_Fileにします。
python OutputFile.pyと入力すれば、プログラムは起動します。

出力結果

プログラムが正常に起動すると、OutputFile.pyと同じ階層(フォルダ)にAvrgTmp_Kyoto2018.dat という名前のファイルが書き出されているはずです。開いて中身を確認すると、以下のようになっているはずです。

AvrgTmp_Kyoto2018.dat

# averaged temperature in 2018 @ Kyoto city
# 01: month  02: averaged temperature in the daytime
1 3.9
2 4.4
3 10.9
4 16.4
5 20.0
6 23.4
7 29.8
8 29.5
9 23.6
10 18.7
11 13.5
12 8.2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です